敏感な肌を労る

鏡を見る人

敏感肌の人にとって、クレンジングは肌に深刻なダメージを与える要因となってしまいます。そのため、正しいケアを行なうことが大切です。間違ったケアは、益々肌機能を衰えさせることになってしまいます。

間違った方法は肌を傷付けてしまう

敏感肌の人にとっては、ちょっとしたことが肌へ深刻なダメージを与えてしまう要因となってしまいます。その中でも、化粧を落とすクレンジングは敏感肌の人にとっては戦いとも言える時間です。間違った方法をしている人も多いクレンジングは、肌を傷めつけてしまう原因の上位に食い込むほどです。正しいクレンジング方法を実践することで、肌の状態は良い方向に劇的に変化していくため、肌に優しいクレンジング方法をまず知ることから始めましょう。まず、人間の肌には皮脂などの分泌場所ともなる毛穴が存在しています。皮脂は悪いものと考えている人も多いですが、皮脂は肌の保湿や保護といった重要な働きをしてくれています。しかし、一日に何度も顔を洗ったり、強力なクレンジングオイルなどを使用することで、大切な皮脂は洗い流されてしまうのです。そうすると、肌に十分な潤いがなくなり乾燥してしまいます。肌が乾燥した状態というのは防護するものが何もない状態に等しいため、ちょっとした刺激にも過剰な反応をしてしまう敏感肌へと進行してしまうのです。

肌にやさしいタイプのものを使用する

花と女性

肌に塗りこむように化粧を落とすクレンジングオイルや、テッシュやコットンを使用して拭き取るクレンジングシートは、敏感肌にとっては苦痛とも呼べるものです。過度に刺激を与えてしまうと、肌への防護機能が低い敏感な肌は大きなダメージを受けてしまいます。また、界面活性剤が多く配合されている強力なクレンジングオイルを使用してしまうと、肌に必要な分の皮脂まで一緒に取り去ってしまいます。クレンジングで重要なのは、いかに時短して肌に触れる時間を短くするかにあります。手で擦ると摩擦によって余計にダメージとなってしまうため、界面活性剤を含まない洗顔料やクレンジング剤を使用し、手早く綺麗に洗い流すなどの配慮も大切です。

そうすることで肌を極力傷つけることなく、刺激肌になりにくくすることができます。こうした毎日の取り組み方で、今後の肌質を変えていくことができます。まだその後のスキンケアも肌保湿に良いものを使用して、肌のバリア機能を高めるようにしましょう。肌を強くすることで外からの刺激に反応しづらく、肌トラブルを引き起こしにくくなります。

おすすめの記事