潰してしまうとニキビ痕に

鏡を見る女性

にきび跡の原因は、にきびを潰したことがあげられます。
人によっては、潰しても治る場合がありますが、年齢を重ねると、肌の新陳代謝が悪くなるため、跡が残りやすくなります。

思春期の頃に悩むことの多いニキビ

多くの男女が思春期の頃に悩むと言われる症状には、にきびがあります。

にきびはホルモンバランスの変化によって症状が現れるもので、皮脂が多くなる12歳~18歳にかけて症状が酷くなります。

症状が引くと

症状を放置していると、顔中ににきびができることがありますが、しばらくすると、症状が引いていきます。
人によっては、症状が無くなったことにより、肌がキレイになる場合がありますが、にきびを潰した方の場合、にきび跡と呼ばれるクレーターができます。

にきび跡が残りやすい

にきび跡も、年齢を重ねるうちに無くなる場合がありますが、人によっては大人になっても残り続けることがあります。
原因には、にきびが膿を持っていることがあげられており、赤ニキビや紫ニキビを潰すと、にきび跡が残りやすくなります。

改善を心掛ける

このような状態を作らない場合には、毎日のセルフケアが大切になります。
洗顔や保湿ケアなどを行って、にきび跡を少しでも改善できるよう心掛けましょう。

美容外科でも治療できるけど

一般的ににきび跡は治りにくいため、美容外科などで特別な治療を行うイメージがあります。
高額な治療費がかかることもありますが、自宅でできる、セルフケアアイテムで改善することができます。

治療費が高い

美容外科で行っている、にきび跡を治す治療には、フォトフェイシャルやピーリングなど様々な種類があります。
医師の元で治療してもらうため、効果が絶大ですが、一回の治療費で1万円以上かかってしまうことも多く、通い続けることができないものです。

セルフケアが肝心

経済的に負担をかけず、にきび跡を治療する場合には、セルフケアが肝心になります。

改善しにくいけど

通常の化粧品には、保湿成分しか配合されているものしか無いため、改善しにくいものですが、にきび跡専用の化粧品があれば治すことができます。

スキンケア化粧品の成分には

スキンケア用品

最近では、コスメショップや通販サイトににきび跡をケアするスキンケア化粧品が販売されていますが、どんな風に改善できる効果があるか分からない場合があります。
化粧品の成分には、鎮静させる成分や、皮膚の新陳代謝を高めてくれる成分などが配合されています。

肌がキレイになる

人によっては、にきび跡に効くスキンケア化粧品を使っても、効果が感じられないと思っている方がいます。
最近、販売されている商品には、使い続けるうちに、にきび跡が薄くなり、肌がキレイになと話題になっている商品が増えています。

跡にも2つの種類

ニキビ跡には、完全にクレーター状になったものと、赤みを帯びているものがあります。

ターンオーバーを正しくする

クレーター状になったものは、肌のターンオーバーを正しくする成分を使うことで治すことができます。
肌表面の新陳代謝を活発にさせ、凸凹を無くす効果があります。

おすすめの記事