足

足の指の痛みをなくそう

パンプスなどつま先に負担のかかる靴を履いていると足の指が痛くなり、ひどくなると外反母趾になってしまいます。外反母趾とは、足の親指が外側にある小指の方へ曲がってしまう変形のことです。付け根の関節が「く」の字のように外へ向かって突出し、靴に当たることで痛み・腫れなどの症状を引き起こします。曲がり方が大きいほど重度と言えます。

外反母趾になりやすい人は、第1に足指の筋力が弱い人です。足のアーチの骨格は筋力によって支えられていますが、筋力が弱いとそのアーチが崩れやすくなります。 第2に足の形がエジプト型と呼ばれる、親指が一番長いタイプの形をしていることです。日本人は約70%がエジプト型にあたり、そのため、日本人がヒールが高くてつま先の細いパンプスを履き続けると、外反母趾になりやすいのです。外反母趾になってしまったら、出来るだけパンプスは履かないほうが良いのですが、仕事柄やファッションのため、履く必要もあるでしょう。その場合は、それ以上悪化させないよう靴選びは慎重にすると良いです。

パンプスのヒールは、高くても5センチくらいで、太めの安定感があるものが良いです。 つま先の形は、足指の圧迫が最も少ないスクエアトゥ・ラウンドトゥがよいでしょう。履いたときに足の指が自由に動かせて、痛みを感じないものを選びます。パンプスの素材は、革が柔らかくて伸縮性のあるものが良いです。エナメル素材などは伸縮性がほとんどないため、選択しないほうが良いでしょう。また、中敷きは足裏全体にぴったりフィットして、前滑りしにくいものが最適です。専用のインソールを利用すると靴選びの幅が広がります。外反母趾用に作られた靴も多く販売されていますので、調べてみると良いでしょう。

 

軽減と治療ができる

外反母趾になると、様々な悪影響が体に出てきます。外反母趾は親指がおかしな方向に曲がってしまうだけでなく、歩く衝撃を抑えきれないせいで膝の関節が痛くなります。また進行してくると、足でバランスが取れなくなるので結果頭で体のバランスを取るようになるので、首に負担がかかり、自律神経失調症になってしまうこともあります。こうした症状にならないためには、外反母趾を治すのと立ったり歩いたりした時に膝や頭に負担をかけないことが重要になります。そこで履いた方が良いのが、外反母趾用の靴です。

この靴は他の靴と違い、とてもバランスが取りやすい設計になっています。バランスが取りやすい靴ということは、頭や首に負担をかけてバランスを維持する必要がなくなるので、自律神経失調症の可能性を抑えられます。また、衝撃を吸収するクッションもとても良く働くので、膝への衝撃も最低限になります。また外反母趾用の靴の凄いところは、履き続けることでこの病気を治すことができるということです。

この靴は、重心が爪先の方に行くような設計になっていて、バランスを取るために足の指を使用します。そしてそれによって、足の指の筋力が回復して親指が元の向きに戻ります。外反母趾は、しっかりした靴で歩くことで自力で直せる病気ですが、これになると歩くのが苦痛になってしまいます。しかし、外反母趾用の靴を履けば歩く時の衝撃や痛みが無くなり、症状を緩和して治すことが出来るというわけです。

 

おすすめの記事