赤いハイヒール

外反母趾のさまざまな原因について

足の症状として外反母趾が挙げられますが、外反母趾の原因としては主に普段履いている靴となります。普段履いている靴が合わずに、足が変形してしまうことで痛みを引き起こします。変形の度合いが酷い場合は手術しなければ治らないこともありますので、靴が合わずに放置してしまっている方は、自分の足に合った靴を購入されることをおすすめします。

外反母趾は女性の方に多いとされている理由としては、つま先が細いハイヒールなどを履く機会が多いためとなります。ハイヒールを履く機会が多いという方は、外反母趾とならないためのハイヒールを選ぶ必要があります。選ぶポイントとしては、足がなるべく前に滑らず、指先に余裕があるものとなるので、そちらを参考に選ぶようにしましょう。

外反母趾の原因としては、主に普段履く靴となりますが、靴以外にも原因はあります。靴以外の原因としては足の指で体重を支えて立っていないことが挙げられます。指を使わないで立っていることによって、足の指の筋力が低下していき、足の指が上に浮き上がってきます。そのため、外反母趾を防止するためには、足の指を使って立つ、歩くを意識するようにしましょう。

足の指の筋力が低下して外反母趾は引き起こされるため、運動不足によっても症状が引き起こされます。車に乗っている方は歩く習慣が無くなりがちとなるので、短い距離の移動にはなるべく歩くことをこころがけたほうが良いです。その他、原因不明で外反母趾となってしまう方もいます。原因不明という場合に、考えられる理由としては遺伝となります。まだ解明はされていませんが、今のところ遺伝も外反母趾の原因として考えられています。

女性によくない足の症状

一時期、ブームとして社会人の女性が履くのが必須だったハイヒール。年代にもよるのですが必ずといっていいほど足を酷使していたんだという足をされている方がいます。現代でも出来る女はハイヒールと言われたりそんな風潮があるように見えます。ハイヒールのような靴の健康被害、それは外反母趾です。外反母趾は骨格が変わるため一度なると治らないと言われていました。

成長期のこどもにも実は見られることもあります。無理な靴、合わない靴で無理な運動をしたりも大きな原因といわれています。外反母趾の状態が他にうつやヘルニアなど全身の健康被害に繋がっていることが多く、最近では研究する方、医療者、整体も増えてきて、外反母趾をテーピングなどによって治療が可能になり、その事で全身の健康被害を改善する事も可能になりました。足は身体全体の反射区があり、外反母趾になると首の調子がよくなかったりさまざまな体調不良の原因だと言われています。

そして裸足で歩くのが通常といわれているこどもと靴を履くこどもの足の健康状態のちがい、そのデータは歴然で一生の足は小学校3年生までに決まると言われています。足の健康の為に無理な靴を履き続けるのはやめたほうが良いと言うことです。辞めるべきです。ハイヒールでも最近は外反母趾になりにくい、足を健康に保てるものが開発されたりしています。外反母趾の他に浮き足、内反小指など様々な症状があります。痛みをともなうもの、伴わないもの。 痛みがないのが安心と言うことではありません。気になる方は治療に臨むといいですね。

おすすめの記事