ブーツやヒールの女性達

親指の負担を軽減

外反母趾の人でも、サンダルといった面積の少ない靴を履くことはできます。外反母趾用に作られたサンダルにしないと足が美しく見えないどころか、歩くこともつらいということになります。外反母趾用ではなくても、症状をカバーできるタイプのサンダルを選びましょう。サンダルの選び方ですが、靴の踵の高さが全くないのも足に負担になります。高いものももちろん外反母趾によくありませんので、低めの踵の靴を選びます。

そして足裏のアーチが保てるタイプにします。インソールで対策をしなくても済むような設計の靴を選んでください。人間工学に基づいていたり、外反母趾の専門家と協力して作ったサンダルだと痛くなりづらいです。外反母趾の人の場合、親指を圧迫しないタイプを選ぶことが何より重要です。親指のまわりにゆとりがあるなど、親指がなるべく解放された形のほうが痛くないです。矯正器具を付けて歩いている人もいますが、ゆったりした設計であれば器具を付けたままサンダルを履くことができます。

足にフィットするものを選ぶことも大切です。自分の足の形や大きさに合うものにするだけではなく、はじめから人間の足の形にそった形でデザインされているものにします。また、体重を十分支えてくれるかどうか、歩いた時の衝撃を吸収してくれるかどうかも確認します。歩くたびにカポカポと外れてしまうようなサンダルは論外です。足の裏にピッタリとくっついてきてくれる、屈曲性も備えた靴にしましょう。

つま先が丸く、低ヒールを

足の親指がグイッと小指側に曲がってしまう「外反母趾」に悩んでいる方は意外に多いですよね。外反母趾になってしまう原因としては、長時間・長期間、先の細い靴を履いていたり、ヒールの高い靴を履いて過ごしている事が挙げられます。たとえば、ショップ店員の方や、アパレル関係の職場に勤めている場合、人によっては毎日ハイヒールなどを履くこともありますよね。気づいたら足に負担がかかり、外反母趾になっていたという人も多いものです。外反母趾になってしまうと、一番困るのがやはり靴選びでしょう。

親指が小指側に曲がっているので、外側に親指の関節部分が少し飛び出ている状態になります。その部分が靴に当たると痛みが出てしまうので、自分の足にあった靴を選ぶ必要があるんです。スニーカーやラクチンサンダルのようなタイプは比較的作りもタイトではないので、わりと選びやすく日常使いに一足は持っておくと良いでしょう。パンプスやブーツに関しては、なるべくつま先が極端に細くなっていないもの、ヒールは5センチ以下を目安に選ぶと良いでしょう。

もちろん、一人一人の足の状態は違いますから、最終的には試着して痛みがないかチェックすることが大切です。とくに、冬場のブーツは毎日同じものを履く方も多いので、選ぶときは慎重に探したいところです。ムートンブーツや、エンジニアブーツは比較的履きやすいです。ショートブーツやブーティなど、キレイめなタイプを選ぶときは、少しつま先が丸くなったものや、太いヒールを選ぶと良いでしょう。

おすすめの記事